【行方不明】高校生(17?)2019.2.16

高校生の男の子が行方不明らしいです。

2019.2.16の朝

大阪駅で降りて阪急の方に歩道橋を渡っていた所まで

防犯カメラで確認されてるらしいです。

173cm大柄

青のダウン

に黒の学生ズボン

白スニーカー。

至急拡散お願いします!

#行方不明 #住吉警察 #大阪市 #拡散希望 #高校生 #至急#行方不明#高校生#2019年2月16日#阪急#173CM#大阪駅#黒の学生ズボン#白スニーカー#拡散希望#住吉警察

【行方不明】女子(15)2019.2.3

【行方不明者を探しています:大垣警察署】 

岐阜県大垣市高屋町地内より

15歳の女子が徒歩にて所在不明となっています。

特徴は

身長150センチくらい

中肉

頭髪は 150センチ

お心当たりの方は大垣警察署(0584-78-0110)までご連絡をお願いします。

【行方不明】牧野千尋/まきのちひろ(16)2019.1.19

高校生1年生の女の子 16歳

牧野 千尋

が 2019年1月19日(土) 15時過ぎの

(静岡県)JR鷲津駅(わしづえき)発 (静岡県)浜松方面の電車に乗るのを最後に

行方不明になりました。

身長152㎝体重42㎏ 

服装 赤のコート

オレンジのキャリーバック

白いリュックです。

どこで電車を降りたか不明です。

警察には届け済み

むっちゃん/配信者むっちゃん

@mutya_PS4

【行方不明】田中力/たなかりき(?)2018/10/7

🙇

拡散お願いします 

知り合いの弟さんが遺書を残して行方不明になりました

 身の回りのものは財布以外すべて置いてったとのことです 

お兄さん泣きながら毎日捜索されてるので、

🙇‍♂️

大阪近辺の方リツイートお願いします 

もしなにか情報ある方はDMください

警察の人からもらった失踪日のコンビニのカメラの画像らしいです! 

失踪当日はこの格好だったそう 小さな情報でもかまいません

 財布は持ってってるのでどこか遠くに行ってるかもしれないのです

連絡先➡http://tantei-toyota.sakura.ne.jp/yukue2/data/archives/2845

【行方不明】大西有紀/おおにしゆうき(5)2005/4月

https://www.nicovideo.jp/watch/sm34507101

【大西有紀ちゃん タケノコ掘り行方不明事件】
2005年4月29日午後1時45分頃

香川県坂出市王越町の五色台ビジターセンター付近の竹林で
香川県五色台連絡協議会主催のたけのこ掘りのイベントの開催中に
高松市浜ノ町、会社員大西正芳さん(48)の二女有紀ちゃん(5)が行方不明になった。
坂出署や地元消防団などが午後九時まで現場周辺などを

捜索したが発見には至らなかった。
町のレクリエーションイベントで60人の人間が参加していた中での行方不明事件である。
調べでは有紀ちゃんはこの日、母親(42)と姉(8)の三人で

同センター主催のタケノコ掘りに参加、

午後一時からタケノコを掘っていた。
有紀ちゃんは身長約105㎝で髪は肩までのおかっぱ。
赤とオレンジの横しま模様の長袖Tシャツ、
オレンジ色のラインが入った紺色ジャージズボン姿で、ウサギの絵が入った靴を履いていた。

【失踪当日の流れ】
・午後1時頃から、タケノコ堀りをはじめる。
・午後1時40分頃、4本目のタケノコを発見した有紀ちゃんは、

タケノコ掘りが楽しくなってきた様子で

『もう一本とってくる』と母親に告げた後、一人で走っていった。
これが有紀ちゃんを目撃した最後となる。
団体からはぐれた後の有紀ちゃんは、

母親からはぐれた後遊歩道を時計回りに徒歩で移動したと思われる。
・集合時間まじかになっても有紀ちゃんが戻って来ないので

母親が他の参加者などと付近を捜すも見つからず。
・午後3時に、ビジターセンターから警察に連絡。
・午後3時45分頃に警察が到着。
・午後5時頃には地元消防団も到着。警察・地元消防団による本格的な付近の捜索がはじまる。
・坂出署や地元消防団などが午後9時頃まで現場周辺を捜索したが、発見には至らず。

【捜査状況と憶測】
坂出署や地元消防団が中心となり連日100人~200人体勢、延べ3000人を動員した捜査を行った。
捜索範囲も竹林の横の池(通称タンベ池)周辺の山林と徐々に広げて捜査するも手がかりは見つからず。
有紀ちゃんの身につけていた帽子や靴、手がかりになるような遺留品も一切見つかっていない。
一匹の警察犬が有紀ちゃんの持っていた水筒の匂いを頼りに行方を追っていたが、

ある場所でぴたりと足を止め動かなくなってしまった。
翌日も4匹の警察犬を投入したが4匹とも昨日の警察犬と同じ場所で止まってしまったという。
車の入れない山間部での行方不明事件であり、

ある場所で突然匂いが途切れている事から、
一部ではワシなどの大型の鳥類に連れ去られたのではないか?という説もある。
(実際にワシはヤギなどの動物も掴んで飛ぶ事が出来るそうだ。※大西有紀ちゃんの体重は15.5kg程。)


幼稚園年長(当時5歳)で、おかっぱ頭。

身長106cm・体重15.5kgと細身。
失踪当時の服装は下記の通りである。(※関連画像の項の画像参照)
・ピンクの帽子(左側に花模様)
・赤とオレンジのしま模様の長袖シャツ
・軍手(白・子供用)
・紺の長ズボン(オレンジの三本ラインが入っている)
・ピンクの靴(ウサギの柄)

【行方不明】横山よこやまゆかり現在(18)懸賞金600万円1996/7/7

https://www.nicovideo.jp/watch/sm34504102

この事件は

平成8年7月7日午後、

群馬県太田市内のパチンコ店に家族とともに来店していた

横山ゆかりちゃん(当時4歳)が、

店内で1人遊んでいるうちに行方不明となった略取誘拐容疑事件です。

重要参考人

ゆかりちゃんが行方不明となる直前にパチンコ店
店内においてゆかりちゃんに声をかけていた男です。
身長158㎝位

ニッカズボン様
サンダル様

サングラス

懸賞金上限額600万円

1996年7月7日午前10時半頃、
群馬県太田市のパチンコ店から横山ゆかりちゃん(当時4歳)が姿を消す。
両親がパチンコに熱中し、目を離したすきの出来事だった。
【行方不明に】
 1996年7月7日午前10時半頃、横山保雄さん・光子さん夫妻は、長女ゆかりちゃん(当時4歳)と次女(当時7ヶ月)を連れて
太田市の国道354線沿いにあるパチンコ店「パチトピア」(現・パーラーフレンド)にやってきた。
「七夕感謝デー」なる葉書を見て来店したのである。
店内の景品コーナーの前を通りかかった時、保雄さんはゆかりちゃんの好きな花火を見つけて「とってやる」と話している。
ゆかりちゃんも喜んで楽しみにしていたという。
そして次女を背負った光子さんと保雄さんはそれぞれ一列ちがいのパチンコ台についた。
その間ゆかりちゃんは暇つぶしに店内をうろうろ散策して遊んでいた。
両親のいるパチンコ台の方に来たり、景品コーナーで品物を眺めていたりしている。

正午頃になって光子さんは店内で弁当を買いゆかりちゃんと次女を連れて駐車場の車内で昼食をとった。
しかし、この時ゆかりちゃんはあまりお腹がすいてなかったのか少し食べただけで「いらない」と言った。
 光子さんは午後からも同じようにパチンコを始めたが、しばらくしてゆかりちゃんが「もう一度食べたい」とパチンコ台の方にやってきた。
そこで光子さんはゆかりちゃんを出入り口付近にある長椅子に座らせ、そこで弁当を持たせた。
午後1時40分頃、保雄さんは長椅子に座っているゆかりちゃんを見ている。
 しばらくすると、ゆかりちゃんは光子さんのところにやってきて
「・・・・のおじちゃんがいるよ」と言った。
この時の声は店内に鳴り響く電子音にかき消されよく聞き取れなかったという。
「おじちゃん」という言葉だけ理解できた光子さんはゆかりちゃんに「ちゃんと座っててね。」
「ついてっちゃだめよ」と言った。
 午後1時50分頃、光子さんがゆかりちゃんの姿が見えないのに気づく
ゆかりちゃんが座っていたはずの長椅子にはジュースと食べかけのおにぎりが残されていた。
「ゆかりがいない」 光子さんの言葉に保雄さんは表へ飛び出した。
駐車場、国道などを捜したがゆかりちゃんの姿は見えず、近くの交番に駆け込んだが、交番の中に誰もいなかった為
太田署に「子供がさらわれた」と通報した。
午後2時10分のことである。
【カメラに映った男】
 事件から2日後の9日午前8時、機動隊員70名を動員して広範囲を捜索したが見つからなかった。
またパチンコ店の客や周辺などに聞きこみ捜査では、ゆかりちゃんが失踪したのと同じ位の時刻に
「白い乗用者に4歳くらいの女の子が乗りこんだ」という目撃証言もあった。
しかし手がかりはそこで切れた。
パチンコ店には大勢の人々がパチンコを楽しんでいたが熱中するあまり店内に一人でいる女の子の様子に注目していた人がいなかった。
 やがて捜査を続けるなかで目撃証言よりも重要な手がかりになりそうなものが
店内の防犯カメラに映っていた。

たびたびメディアでも公開されている「サングラスの男」である。
 男は事件当日の午後1時27分ごろ店に入ってきた。
身長は158cm前後、
白っぽいシャツ、(夏だというのに)肩の部分にラインが入っ黒いたジャンパー
裾をしぼったニッカーポッカ風のズボンをはいており、
サンダルと帽子とサングラスを身に着けていた
歩き方が特徴的で、がに股で、左の脇を絞めるような姿勢をとっていた。
 男はまず店の奥の目立たない場所にあるトイレに寄ったと思われる。
約3分後トイレから出てきた男は店内を徘徊し始めた。
台の前で止まる訳でも両替したりカードを購入するわけでもなかった。
ちょうどこの時、景品コーナーの前でゆかりちゃんとすれ違っている。
 1時33分ゆかりちゃんの座っていた出入り口付近の長椅子に座った。
ゆかりちゃんの右隣の男はしばらくタバコを吸い、ゆかりちゃんの真ん前にある灰皿を手を伸ばして使っている。
やがて男はゆかりちゃんに話しかけるようなそぶりを見せ右手で3回店内の外を指差した。
話しかけられたゆかりちゃんはワンピースの裾を手で持ってひらひらさせている。
これは何か困ったような迷ったような時に子供がする仕草だという。1時42分、男はゆかりちゃんを残して席を立った。
結局、男はパチンコ店に入った15分ほどの間トイレを使用したりタバコを吸っただけで店をあとにしている。
ゆかりちゃんはその後、両親の元に行き、前述した通り「・・・のおじちゃん・・・」と話している。
そして1時45分頃ゆかりちゃんは出口方面に向かった。
しかし出入り口付近はカメラの死角となっていたため、店を出る2人の姿は映っていなかった。
 1996年12月6日、警視庁の化学警察研究所やビデオ専門業者に依頼した解析結果をもとに「サングラスの男」
のイラストを描いたポスターを作成して公開した。
それによると男の特徴として次のようなことが挙げられている。
鼻がかなり高い
・頬骨が張って、顎がやや突き出ている
・頬がこけている

 男は一見、職人風でサラリーマンには見えないのだが「変装」だという見方もある。
男についてはパチンコ店の店員によると「一見の客」と証言したが慣れた様子で店内を徘徊しているなど、
これも定かではない。
【家族は】
 この行方不明事件は両親がパチンコしている間に起こった為に、
「無責任」「親失格」など両親に対して批判的な意見が多かった。
保雄さん・光子さんは事件以来、1度たりともパチンコ屋に行っていないという。
確かに親としての非は多少ならずともあったかもしれないが子の帰りを願う悲しい思いは他の児童失踪の家族と同じである。

【行方不明】石井舞/いしいまい(7)②1991/7/24

https://www.nicovideo.jp/watch/sm34484746

●自宅2階の部屋で友達2人と一緒にベッドで寝ていた舞ちゃんが姿を消した 
 これまたミステリアスな失踪事件。 
 舞ちゃんを最後に確認したのは母で舞ちゃんに布団をかけたとき(24日PM10:30)。
 舞ちゃんがいなくなった事に最初に気がついたのは一緒に寝ていた友達2人で 
 彼女達が起きたとき(25日AM5:30) 
●舞ちゃんは怖がりでトイレに1人で行くこともできない。 
 1人でどこかに出かけたということはまず考えられない 
●一緒に寝ていた友達の1人が深夜、 
 寝室で男が舞ちゃんに声をかける姿を見たと証言
 寝ぼけていた可能性もあるため、100%の断言は出来ない。

●家には1階と2階それぞれに玄関があり失踪前夜はそれぞれ施錠されていた。 
●妻が2階で寝ている舞ちゃんに布団をかけた後、洗面所を使用。 
 その時1階の玄関扉の閉まる音がしたので窓から確認すると 
 住み込み従業員Kが出て行くのを確認したが、特に気に留めなかった。 

その後、1階の浴室で入浴。この時、再び1階の玄関扉の音が閉まる音がする。 
 そして何者かが2階の階段を上る「パタパタ」という音を聞く。 

●他の失踪事件と違い、舞ちゃん失踪当初から犯人の疑いが強い怪しい人物がいる
 (住み込み従業員K) 

●両親は誰が犯人がわかっているらしい。 
 (上に同じく住み込み従業員Kと思われる)

現場検証の結果、この家に住む人物の以外足跡や指紋は発見できなかった

ということは身内の犯行となる。
こうしたことから、祖父母、両親、Kなどが揃って疑われることになった。

とりわけ、疑われたのはKとヨシ子さんである。

また、警察犬を捜査に導入したところ玄関先で立ち止まってしまった。

これは車で連れ去られたことを意味する。  

 当日の午後11時前には石井さん宅の前の道路から東へ

少し離れたところで白い車が目撃されている。

この車は故障車のようにボンネットが開かれており翌朝には消えていた。

石井家周辺の車の所有者は一人一人あたっていったが、

この白い車だけは持ち主不明だった。  

 舞ちゃん行方不明後TVでの情報提供依頼など積極的に出演していた賢一さんは

犯人の目星はついていた。

会社で働き、姪の恋人であるKである。

雇っていたもののKと賢一さんの仲は良いものではなかった。

この日Kは姪と一緒に旅行に行くはずだったのだが、

前日に賢一さんがKに仕事を言いつけキャンセルさせた。

その事でKには賢一さんを衝動的に恨んだとも考えられる。

また、それまでにも何度かシンナーをしていたKを賢一さんが厳しく叱ったこともあった。

賢一さんの姪は親が離婚し荒れて暴走族に出入りするようになる。

この時、知り合ったのがKである。

Kは姪に賢一さんの建築会社を紹介してもらい、ここで働くようになる。

しかも石井家の1階の部屋に姪と同じ部屋に住みこむようになった。

舞ちゃんが行方不明となってから2ヶ月後、

母親であるヨシ子さんは当時遊びに来ていた女の子から

 決定的証言を聞き出すことに成功した。

その内容は当日の夕方、一緒にテレビゲームをしていた時にKが舞ちゃんに

「夜の12時に一緒に遊びに行こう」と言っていというものだ。

両親はその証言を警察でも話したが

「無理に引き出させたもの」として相手にされなかった。

半年以上がたち賢一さんは従業員10人の再就職を決め、会社をたたんだ

舞ちゃん捜索に集中するためである。

賢一さんはKをマークしていた。

彼に四六時中つきまとったり、Kの家の周りに

舞ちゃんの行方の情報提供を求めるポスターを貼ったりした。

しかし、具体的な手がかりはなにも掴むことが出来ず、ある時、

賢一さんはKの顔を見るのも嫌になり、尾行するのをやめたという。

安全なはずの家から急に少女が行方不明となったこの事件、

メディアでもよく取り上げられたりした。

しかし一家にくるのは無言電話やイタズラ電話ばかりで、

解決の手がかりのなる有力な情報というのは届けられていない。

犯人はなぜわざわざ、他の子供達と一緒に寝ている舞ちゃんを

危険を冒して連れさらったのだろうか。

しかし身内をよく知る者としては、この家で暮らす者のうち3人が外出しており、

普段は両親と寝ている舞ちゃんがこの日に限って子供たちと寝ていたのだから、

犯行の日としてこれより良い日はなかったのではないだろうか。

大人と違い子供の眠りは深い。

多少の物音を立てても起きることは少ない。

だから、連れ去るには持ってこいの夜だったはずだ。

犯人Kだろ!何してんだ警察!